光速でトレンドな情報をお伝えする部です。

しゃいとれ部

未分類

【韓国レーダー照射】海外の反応や韓国内の反応は?解決しない理由をまとめてみた

更新日:


スポンサーリンク


昨年12月20日に海上自衛隊の哨戒機が韓国の駆逐艦から火気管制レーダーの照射を受けた、とニュースになりました。
すぐに解決するかと思いきや、まだ解決する様子もなく、日本・韓国お互いに世界に向けて映像を公開するなど、長期化しそうです。

また今回のレーダー照射問題、日本の対応が意外と攻めの姿勢だと思う方もいらっしゃるかと思います。
それもそのはず、過去に中国からもレーダー照射を受けたことがあったようです。

今回のレーダー照射問題、なにが問題なのか?日本はじめ韓国や海外の反応、そして問題が解決せず長期化している理由について、調べてみました。


スポンサーリンク

【経緯(2018年内)】韓国駆逐艦からの火器管制レーダーの照射問題

経緯をご存知の方は飛ばしてもらってOKです。

2018年12月20日午後3時頃、能登半島沖において、韓国海軍「クァンゲト・デワン」級駆逐艦から、海上自衛隊第4航空群所属P-1(厚木)が、火器管制レーダーを照射されました。

レーザー照射された場所は能登半島沖とありますが、、

このピンが立っている石川県のところが能登半島です。
うーん、、がっつり日本領域(排他的経済水域)なのでは?

防衛省は以下のように発表しています。

火器管制レーダーの照射は、不測の事態を招きかねない危険な行為であり、このような事案が発生したことは極めて遺憾である
引用先:防衛省「韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案」

今までどのようなことがあったかというと、

※特に記述がない限り、日本=防衛省、韓国=国防省でお願いします。

12月21日

【日本】
韓国からのレーダー照射について防衛省が記者会見を開く。
【韓国】
記者団へ「わが軍は正常的な作戦活動中だった。作戦活動の際にレーダーを運用したが、日本の海上哨戒機を追跡する目的で運用した事実はない」とし、日本側の誤解との説明。

12月22日

【日本】
「レーダー照射事案の発生後、海自哨戒機の機材が収集したデータについて、慎重かつ詳細な分析を行い、当該照射が火器管制レーダーによるものと判断している」と発表。

12月24日

【日本】【韓国】
外務省の金杉憲治アジア大洋州局長と韓国外務省の金容吉(キムヨンギル)東北アジア局長がソウルで会談。

スポンサーリンク

レーダー照射問題で、金杉氏は協議終了後、記者団に「あらためて強い遺憾の意を表し、再発防止を強く求めた」と説明。今後は「韓国政府からの説明を防衛省に伝え、防衛省で咀嚼(そしゃく)してもらい、防衛当局も含めて日韓政府で継続して協議していく」と述べた。
これに対し、韓国外務省関係者は、韓国側も日本の対応について「事実関係の明確な確認をせず、自分たちの立場をマスコミに主張したことに対して遺憾の意を表明した」と説明。会談で意見対立があったことが明らかになった。
引用先:東京新聞「「カメラで海自機監視」 日韓局長協議 火器レーダーは否定」

12月25日

【日本】
「防衛省としては、事実関係の一部に誤認がある」と発表。

12月27日

【日本】【韓国】
午前11時から、テレビ会議にて実務者協議を実施。協議を続けていく必要性では一致する。

12月28日

【日本】
映像を公開(日本語と英語ver.)する。

すでに290万回も再生されています(2019年1月9日現在)。

【韓国】
「韓国駆逐艦は正常な救助活動中で、『日本の哨戒機に追跡レーダーを運用していない』との事実に変わりはない」「救助活動に集中していた韓国軍に対し日本の哨戒機が低空危険飛行したことは、友邦として非常に失望する」と従来の立場を繰り返す。

 

映像を公開してからの韓国の反応が早かったのが印象的です。
2018年も終わろうとしているのに大変だなぁ、と思っていました。

 

【経緯(2019年内)】韓国駆逐艦からの火器管制レーダーの照射問題

経緯をご存知の方は飛ばしてもらってOKです。
※特に記述がない限り、日本=防衛省、韓国=国防省でお願いします。

1月2日

【韓国】
「これ以上、事実を歪曲する行為をやめ、人道的な救助活動中だった艦艇に対し威嚇的な低空飛行を行った行為について謝罪すべきだ」と発表。

1月4日

【韓国】
映像を公開(韓国語と英語ver.)する。

これは190万回も再生されています(2019年1月9日現在)。

【日本】
「韓国国防部が動画等を公表していますが、その内容には、我々の立場とは異なる主張がみられます。」と日本語と英語、そして今までなかった韓国語で発表。

1月6日

【日本】
12月28日に公開した映像の韓国ver.を公開する

1月7日

【韓国】
1月4日に公開した映像の日本語、中国語、フランス語、ロシア語、スペイン語、アラビア語の6ヶ国語を公開する

1月8日

【日本】
「照射を受けた証拠となる電波情報を韓国側に示す用意がある」と発表


スポンサーリンク

2日に韓国側が発表したり、4日と7日で大量に映像を発表したり、年末年始に休めなかった人たちがいてるんだろうなぁと思うと、心が痛くなりました。
日本も6日に映像を公開しているし。。

なかなか解決する気配がありません。今後どうなっていくのでしょうか。

 

【なにが問題?】火気管制レーダーを照射されるとどうなるの?

そもそも、「火気管制レーダーを照射される」ってどういうこと?と思う方もいらっしゃるかも知れません。
私もそうでした。

「火気管制レーザーに照射される」=「火器管制レーダーは砲弾やミサイルを発射する前に目標の位置や速度を計測するために使用される」

ということは、「日本の哨戒機が韓国の駆逐艦によって撃ち落そうとしていた」ということになります。

今回は撃ち落としはしませんでしたが、本当に撃ち落とすと戦争になりかねません。

ちなみに、レーダーを照射されると感知する逆探知装置を飛行機や艦船側は装備しています。
なので、日本で公開した映像内で、レーザーが照射されているという発言があったのも、逆探知機が働いたためだと考えられます。

 

【過去にもあった?!】中国からのレーダー照射問題

実は過去にも日本はレーザーを照射されたことがありました。

6年前の2013年1月19日と1月30日に東シナ海上にて火器管制レーダーを照射をされています。
中国側はレーダーの使用は認めていますが、射撃管制用レーダーではなく監視(捜索)用レーダーであったと主張していました。

翌年の2014年4月22日、21カ国の海軍首脳が出席した西太平洋海軍シンポジウムにて、「レーダーの照射」「砲身を向けた威嚇」「低空飛行による威嚇」の3項目の禁止が合意されました。

今回のレーダー照射問題では、この合意を破ったこととなり、なにかしら処罰があると考えられます。

 

日本と韓国の映像の見比べてみよう

日本が公開した13分の映像では、下記についてまとめられています。

  • 哨戒機が火器管制レーダーを複数回照射されたとみられる場面
  • 韓国の駆逐艦から一定の高度と距離をとって飛行している
  • 哨戒機が韓国の駆逐艦に対して英語で3回呼びかけ、レーダー照射の意図の確認を試みた

一方、韓国が公開した4分半の反論映像では、、

  • 韓国側が独自に撮影した動画はたった11秒
  • 日本が撮影した映像を意図的に加工
  • 映画の予告編のような臨場感

初めて韓国が公開した反論映像を見たときは、エンターテイメントで有名な韓国らしい映像で失笑してしまいました。

韓国が公開した反論映像では、悪意的ともとれるコラージュサムネイルもあったとか。
少しやり過ぎな感じも否めません。

 

日本国内の反応は?

今回のレーダー照射問題について、日本の反応についてまとめてみました。
やはり結構怒っている方のコメントが多い印象でした。

 

韓国内の反応は?

一方、韓国の反応は韓国メディア「朝鮮日報」のコメント欄からまとめてみました。

  • 駆逐艦「広開土大王」で日本に突進しろ。突進しろ。日本がふざけたまねをしてきたら、我々の力(?)をよく見せてやれ。韓国はやれるんだから。
  • 日本人は他人から侮辱されたら必ず復讐(ふくしゅう)する。英語版まではいいとしても、あらゆる言語の字幕版をばらまくのは、世界で日本に恥をかかせる行為だ。必ず報復される。
  • 日本が乙巳条約(第二次韓日協約)・壬辰倭乱(文禄・慶長の役)に次ぐ挑発行為をしながら、言い逃れするのを見ていると、生まれてはならない民族と国であることは間違いない。
  • お前ら、射撃の照準合わせたなら、軍人なんだから「申し訳ありませんでした」と言えばいいのに、幼稚な言い訳ばかり言っているのか? 恥知らず。
  • 文在寅(ムン・ジェイン=大統領)は世界の恥さらしになるようなことばっかりずっとやっているなあ。

たまたまかも知れませんが、日本より韓国の対応について苦言を呈するコメントが多かったように思います。

 

海外の反応は?

日本と韓国2カ国間の問題なので、韓国以外の海外の政府の反応はあまりありません。
ニュースの記事やSNSのコメントでは、、、

  • 隣国や近接国家に悩まされるのはどうやら日本も同様のようだ
  • 韓国のモラルが度を越していることは国際的なステージで何度か明らかとなっている
  • 日本はいつまで我慢の日を過ごすんだ?
  • ロシアやキューバに同じことをすれば韓国の駆逐艦は一瞬で破壊されるぞ
  • いつから日本はボクシングバッグ状態になった?
  • ここに中国が加わるともう戦争はカウントダウンだろう
  • アメリカの対応に注目が集まるな

やはり今回のレーダー照射問題は戦争一歩手前の状況なのかも知れません。
せっかく、平成は戦争がない時代だと言われていたのに、、このまま何もないまま解決してほしいです。

 

なかなか解決しない理由は?てか解決するの?

防衛省が公開した映像から、事実を裏付けるものだとしていますが、韓国側は、哨戒機を狙ったものではないという姿勢を崩さず見解は異なったまま。
日本も韓国も、お互いに実務者協議を実施していく方向は一致していますが、いつ解決するのか?どういう風に解決するのか?が未定のままです。

また2014年の西太平洋海軍シンポジウムの合意を破った韓国の対応にも注目です。

今回のレーダー照射問題のみでなく、日本と韓国には慰安婦問題などの様々な問題が山盛りです。そのため、レーダー照射問題だけが解決することは難しく、逆に複雑化しているのかも知れません。

 

【レーダー照射】海外や韓国内の反応は?解決しない理由をまとめてみた のまとめ

今回は、レーダー照射問題の経緯や国内外の反応についてまとめました。
すでに問題が発生してからすでに3週間が経過しています。日本と韓国はお隣の国なので、特に仲良くしてほしいです。

早く解決するよう祈っています!


スポンサーリンク

-未分類

Copyright© しゃいとれ部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.